rosyのブログです。

社会人生活のほとんどを港区ですごす、普通のアラサー。 (※東カレ的な港区女子ではない) 想うことを記録に残そうとブログに手を出しました。 ちょうビギナーです。いらっしゃいませ。 2018年のテーマは「軽やか」に決めました。

雨ですわ のお話。

こんばんは、rosyです。

 

梅雨ですね。雨ですね。

 

出歩くのが好きな私にとって、雨の日のうまい過ごし方がわからずにいます。

 

まあ、やっぱり出てきちゃうよね。

 

なんの約束もない土曜日。

 

そして雨。

 

少し虚しいけど、街を歩いてたら楽しい。

 

今日は渋谷。

 

のんべえ横丁を通ってみる。

 

小さなお店がひしめきあってる。

 

中の人たちはみんな楽しそうだ。

 

f:id:rooosy88:20180623192958j:image

 

f:id:rooosy88:20180623193004j:image

 

でも、やっぱり晴れが好き。

 

夏はまだか。梅雨明け希望。(はよ)

Surf Fit(サーフフィット)をやってみた のお話。

f:id:rooosy88:20180621165515j:plain

 

こんにちは、rosyです。

 

先日、 Surf Fit(サーフフィット)の体験に行ってきました。@渋谷

(まわしものでもステマでも何でもありません、ただの個人の感想でぃす)

 

Surf Fit(サーフフィット)とは

サーフボードの下にバランスボールがついている専用機器「The RipSurfer X」を用いて行う新たなスタイルの体幹エクササイズ。

海面のような不安定な環境でバランスをとることで、全身を連動させながら日常生活の動きと近い状態で体幹を鍛えることができます。

その為、体幹だけを鍛えるトレーニングよりも、動きの中で日常の動作に必要な体幹が鍛えられ、より高い効果を得ることができます。

 

バランスボールを縦に3つ並べたうえに、サーフボードを乗せて、ゴムで縛られているかんじのものの上で、立ってバランスをとったり、エクササイズをしたりするもの。

Aboutページを見てもらうとよくわかりますので、ぜひ)

 

 

持ちもの

・下着の着替え

・タオル

・メイク道具

 

ウエアは貸してくれます(カップ付きタンクトップと短パン。インナー感あるので気になる人はTシャツを持って行ってもいいかも)

お水もくれます。バスタオル、室内タオルも貸してくれます。

そして、シャワーがあるので、シャンプーセット、洗顔セット、スキンケアセットを持っていけばよかったなと思いました。ただ、化粧水、乳液、綿棒は置いてありました。

 

 

流れ

30分前に入店して、アンケートに答えて、インストラクターの方から簡単に説明を受けて、着替え。スタジオイン。

 

レッスン

私は「バランス」というクラスをチョイス。45分間。

 

(心の声)

「ずっとダンスをやっていたし、ピラティスもやっていたから、まあ結構楽にできるだろう。45分間とか、物足りない感じなんだろうな」

 

スタジオは南の地域をイメージして、ムンッと暑い。33度くらいに設定されているそうな。後ろの方ではビーチのプロジェクションマッピング?映像が映し出されていましたが、体験の人は真ん中に通されたので、あまり見る余裕はなかった。

 

体験の人はポジションを指定されて皆さんより10分前くらいから動きのレクチャー。

皆見ている中で、プルつきながらやるの、結構恥ずかしい。

そしてもともと汗っかきなため、この時点でかなり汗だく。

ウエアの色が変わりだす。

この先の45分、意外と長いかもしれない。

 

 

そして、ヒットチャートにのっていたような洋楽でレッスンスタート。

うまくできるのもあれば、全然できなくて、生まれたての小鹿状態になる動きも。

ボードの上でバランスが取れなくなるのは、骨盤が歪んでいる証拠、とのこと。

確かに脚組んだりするし、足の長さも違うし、歪み放題なワシ。

 

もはや必死すぎて、どんなメニューだったかあまり覚えていないけど、開始15分でわりとピリオドの向こうに行った感はあった。(伝わるかな)

 

 立ってバランスをとる動きがあったり、片足で立ったり、仰向けで寝て腹筋したり、プランクやったり、とにかくアンバランスな環境下でどうにかしてバランスをとる。

 

腹筋のときはきつくて、普通に声出ちゃってたけど、音楽が割と爆音なので気にせず集中できる。みんな周りのことなんてあんまり見てない、てか見る余裕ない。

 

攻めに攻め倒した45分。

 

終わった後は、放心。

あんな放心状態になったのはいつぶりだろうというくらい、放心。

心を放った。

体の水分が出きったと思う、本当に。

からだにこんな水入ってたんかいってくらい。

 

インストラクターの方と少しお話しして、シャワー浴びて身支度して終了。

 

さいっこうに、気持ちが良かった!!!

 

きついくらいが丁度いいと思っている私にとっては、本当に一番いい強度だったかもしれない。

 

ちなみにバランスのクラスは、中の上くらいの強度のクラスらしいです。

 

もちろん、無理に入会を勧められることはなく。

入会したいなと思ったけど、費用と他のスケジュール面と、私の場合は汗かきすぎて続けたらちょっと具合いわるくなりそうと思い、一旦見送り。

 

その日から4日間くらいに渡って、お腹から下が全部筋肉痛で、力入んないし痛かったけど、でも本当に最高に気持ちがいいですぞ。

 

その後も友達に勧めまくっているサーフフィット。はまる人は本当にはまると思う。

 

もうすぐ夏やで。

 

よろしければ、ぜひに。

バチェラー・ジャパン シーズン2 のお話。

f:id:rooosy88:20180618110029j:plain

 

こんにちは、rosyです。

 

観てますか、皆さん。

バチェラー・ジャパン シーズン2。 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07888JZZP/ref=aiv_hqp_atdo

 

(うざい当たり前感)

 

 

 

 私本当に全く興味がなくて。

シーズン1をとりあえず見てみるかと、だいぶ前にエピソード1を15分くらい観たんだけどは、入り込めなくて、それからノータッチ。

 

エピソード2の配信が始まったことも知ってたけど、如何せんまじで興味がない。

 

そして至るところで、

 

「今回のバチェラーまじ面白い」

「今回のバチェラーはサイバーの幹部だよ」

「絶対ハマるって」

「金曜日は帰ってバチェラー観っから」

 

という声多数。

 

だったんだけど、そんな声もスルーしていた。だって興味ないんだもん。

 

 

 

 

 

 

そして先週金曜日。

 

予定のない金曜日。そして半月、すごい勢いで駆け抜けたせいで超疲労困憊。

 

家でご飯作ってゆっくり食べてダラダラしたい

 

そんな欲求になった。

 

そんな欲求のお供はもちろんAmazon Prime ビデオ。

 

開いたらバチェラー・ジャパン シーズン2のバナーが画面いっぱいに踊っていた。

 

まあええわ、BGM程度につけるか、と、ポチ。

 

気が付けば夜中2時半。

 

最新のエピソードまで一気見してしまって、続きが待ち遠しくてウズウズしている自分がそこにいた。

 

ハマるとは、まさにこのことだ。我ながら見事。

 

間にある、今田さん、藤森さん、さっしートークもかなり面白い。

 

個人的には若様は最初からずっと気になっていて、

最初、強めで苦手だった小口那奈子さんもとっても気になる。

倉田茉美さんも気になっている。

あんきらちゃんも好き。

坂東さんも好き。

おばたのお兄さんは天才。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は25人もいるから全員超強めで、観てるだけで疲れるんだけど、人数が減ってくるにつれて、弱い部分だったり人間っぽいところが見えてくるから、すっごい入り込んでしまう。

 

そして途中から小柳津さんの差し込み映像のコメント部分で「深い所で~」とか「もっと深い部分を~」とかが気になって、私の「深い」カウンターが始まったのは言うまでもない。

 

最新エピソードまで観たうえで、この記事、結構ニヤついた。

飾らない小柳津さんが好き。笑

2代目バチェラーは“プチメンヘラ”!? 小柳津林太郎「男としてのブレ具合を見てほしい」|新R25 - 世の中がわかるジブンもいい。

 

今週も金曜日が楽しみだ。

オレンジデイズ のお話。

f:id:rooosy88:20180528110837j:plain

 

こんにちは、rosyです。

 

先日先輩と、ベストドラマの話になり、色々思い返した結果、

繰り返し見ているもの、印象に残っているものは、

とかとか。

 

大学生以降はリアルタイムでドラマを見なくなったから、後追いだけど、こんな感じ。わかりやすいドラマが好きみたいだ。

 

オレンジデイズをリアルタイムで見ていた当時、高校生だった。

大学進学を1ミリも考えていなかったけど、このドラマをみて「大学生になるもの悪くないかもしれない」と少し思った。こう思った同世代はかなり多いはず。

 

結局、大学へ進学したけど、そこにオレンジデイズはなかった。結城櫂はいなかった。学部に友達が数人しかできず、ゼミでも浮きまくり、授業以外は毎日毎日違う学部のキャンパスや他の大学に通い、色んな人と踊り狂っていた。それはそれでフリーダムな毎日で尋常じゃなく楽しかった。結論、オレンジデイズはドラマだ。

 

 

えっと。

 

この1週間、Amazon Primeで一気見をした。食事中、お風呂中、髪乾かし中、歯磨き中、メイク中、寝る前。ずっと見てた。(中毒)

 

内容やセリフ、展開を覚えていた。

若かりし私は、きっとTSUTAYAで何度も借りてみていたんだろう。

 

でも、今見ると、ぐさっとくる言葉が当時と全然違う気がする。

 

みんな弱いのよ。

よく覚えてないけど、最終話で真帆さんが、櫂にあたり散らかした沙絵に対して言った言葉。沙絵が当たり散らかしたくなる気持ちもすごいわかる。櫂があまりにも大人で沙絵のことを大事にしていて大好きだから、沙絵にとって櫂は、いつでもそこにいて、いつでも自分の味方で、何でも出来て、なんでも許してくれるスーパーマン。でも櫂も人間で、傷つかないわけないし弱い部分だって持ってる。沙絵は甘えてしまっていたと思うし、甘える状況を作った櫂もアレだけど、こういうことって起こりがちだよなぁと。謙虚さがなくなってしまうというか。自分も心当たりがありすぎて。一回甘えて良いと判断した人(=彼氏)にはとことん甘え倒す。わたし沙絵だ。(長)

 

 

私は、皆なんていらない。姫なんかじゃなくていい。

たった一人でいい。私を愛して、私のことだけ考えてくれて、

死ぬ時は一緒に死んでくれて、悲しい時は一緒に悲しんでくれて、

一緒に泣いてくれて。

で、0.5秒私より先に笑ってくれて、励ましてくれる人が欲しい

0.5秒私より先に、ってのがいい。とってもいい。 導いてほしいんだよね。わかるよ。(誰) そしてたった一人いればいいんだよね、そういう人が。たった一人そういう人がいれば、もっと強く生きられる。そうなんだよ。そして、相手にとっても、自分がそういう存在でありたいなと、本当に思う。嗚呼(涙)

 

 

真実の前では、神様も遠慮して時を止めるよ

櫂がリハビリを担当しているおばあさんの言葉。とっても温かくて、自分が信じていることを信じていていんだよね、って思わせてくれる言葉。未来なんてよくわからないし、人の気持ちなんてもっとよくわからないけど、自分の気持ちに真面目に、真摯であること、それしかないんだと感じる。当時、この一言は完全スルーしてたっていうか、何も響かなかったけど、今となってはとてもグっとくる。歳を重ねて感性が成長したな。(都合良) 

 

 

もう!!!こんないいこと言ってたんかい!!!!(大泣き)

 

 

昔見ていたドラマを、時を経て、もう一度観ると、新しい感じ方になる場合もある。

人がイイって言ってるものや言葉じゃなくて、自分なりの感じ方。

共感されなくたっていいし、キモくたっていい。

なんか、いい楽しみを見つけてしまった気がする。

これでまたAmazon Primeが捗ってしまう。

 

 

 

そして結城櫂は、何をどう考えてもイケメンすぎるし、立派な大人すぎる。

あんな大学生まじでいない。

アラサーになった今でも、周りにそんな立派な男性滅多にいない。

そんな夢を見させてくれるのも、ドラマのいい所だな。

 

 

 

なんてな。

好きなことが、外的要因で好きでなくなることの悲しさよ のお話。

f:id:rooosy88:20180523165521p:plain


 

 こんばんは、rosyです。

 

日大の対応にはツッコミどころ満載で、とっても恥ずかしい広報がいたり、守るべきものを間違えているけど、それは置いといて。

 

ただただ一人の人生に多大な影響を残したことがとっても悲しい。

事実ベースで考えればもちろん選手もわるいけど、

好きだったことが好きじゃなくなるって、そんな悲しいことがあっていいのかと。

胸が苦しくなった次第です。

 

つら。

 

――ご自身にとって、アメリカンフットボールというのはどのような存在なんでしょうか?

宮川:私自身、高校の頃からアメリカンフットボールを始めたんですけども、コンタクトスポーツを初めてやるということもあって、とても楽しいスポーツだなと思い、熱中していました。ただ、大学に入って、厳しい環境といいますか、そういうもので徐々に気持ちが変わっていってしまったのもあります。

――気持ちはどのように変わっていったんですか?

宮川:好きだったフットボールが、あまり好きではなくなってしまった、というのがあります。

――それはどうしてでしょうか?

宮川:厳しい環境に身を置くことになってしまったので、何が原因かはわからないですけど、徐々に気持ちが好きではなくなってしまったのかな、と思っています。

――今後、自分ではどのように過ごしていくことが望ましいと考えていらっしゃいますか?

宮川:もちろん、アメリカンフットボールを今後、僕が続けてという権利はないと思ってますし、この先アメリカンフットボールをやるつもりもありません。なので今のところ、何をしていくべきなのかもわからない状況です 

 

 

――監督やコーチから理不尽な指示があってこういう形になった後に、たとえば同僚とか先輩とか周りの人たちから「いや、お前は悪くないんじゃないか。監督、コーチの責任じゃないか」という声は挙がらなかったんでしょうか?

宮川:挙がっていたと思います。

――それを聞いて、ご本人はどういうふうに感じていらっしゃいますか?

宮川:いや、まず、そもそも指示があったにしろ、やってしまったのは私なわけで……。人のせいにするわけではなく、やってしまった事実がある以上、私が反省すべき点だと思っています。

 

 

被害者への謝罪を却下した内田監督の卑劣 日大加害選手の“懺悔”会見全文(上) (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

 

日大加害選手の“懺悔”会見全文(下) 「秋も関学との試合あるのでQBがけがしたら得」 (1/8) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)