rosyのブログです。

社会人生活のほとんどを港区ですごす、普通のアラサー社会人。(※いわゆる港区女子ではない)色々と想うことを記録に残そうとブログに手を出した。ちょうビギナーです。いらっしゃいませ。

2018年早々、悲しみ不安の末苛立ち涙そして無になり平穏へ のお話。

こんにちは、rosyです。

 

1/4から仕事始め。

初日から連日フルスロットルで9時22時で駆け抜けた。

ゆるゆると過ごていた日々から急に抜け出したせいで、今日はもう朝から右耳の聞こえが悪いし、何故か甘いものが食べたくて朝イチで通りもんだし(普段甘いものほとんど食べない)、浮腫んでるし。まじで早く帰ろう。ランチ休憩とろう。

休み明けはやっぱりリハビリ期間が必要だな。

年明け鬼忙しくなることは年末からわかっていたんだけどね。

 

【恋愛】

冬休み中に色々ありすぎて、嬉しいやら悲しいやら。

いや、かなりへこみ大混乱。

色々な悲しみと不安をかき混ぜた状態で、

【~久しぶりのときめき、終了のお知らせ~】を自ら掲げ、悲しみ真っただ中で仕事をスタートしてしまった。

 

【仕事】

そんな状況で相変わらず話が通じにくい先輩と、ちんぷんかんぷんなことを言ってくる後輩に、本気のイライラ爆誕。

 

後輩に言わないように意識している言葉

「言ってる意味わかる?」

を連発してしまい自己嫌悪に陥りながら、

 

「てめぇ何言ってんだ」

 と言いたくなる先輩の、着地点が前後左右に動き続けるわけのわからない指示に白目をむいていた。

 

(上手くいかない恋愛)

(いろいろオワタ感)

迫る納期

終わらない仕

コミュニケーション障害によるタイムロス

 

気を抜くと涙がこぼれそうな状況。

目は常に湿度120%。

 

初日から共に屍と化した同期と帰宅途中、「顔つかれすぎww」と突っ込まれ余計に悲しくなった。

 

大泣きしたい気分だったけど、全然泣けず。

泣きたいのに泣けないなんて、都会のバリキャリ女みたいじゃないか!と思った。(ええ、私です。バリキャリではないがな)

 

帰り道なんとなく開いたChromeに表示されていたのは、朝見ていた「しいたけ占い」。

1月の欄にこんなことが書かれていた

特に、2018年のあなたは非常にパワフルになるため、他人に対して「イラッ」としやすくなったりもします。だから年始に「なるべくイラッとしない」とか、自分の不安感を他人への怒りでごまかそうとしないなど、そういう「自分を律する」メッセージをノートなどに書いておいてください。

 

しいたけ占いより

https://voguegirl.jp/horoscope/shiitake2018-h1/contents/07libra/

 

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい

 

をい!!!!!!!!

まんますぎるwwwwwwwwwwwww

 

 

これを見て、イライラした自分を戒めた。

そうか、そういうことだったのか。

不安を他人へのイライラにすり替えて片付けようとしていたのか。

私ったら、なんてヤツだ!

 

家に帰ってお風呂入って寝ようと思ったけど、冷蔵庫を開けたら豚肉とエノキ。

星野源(平匡さんのNG映像)をyoutubeで観ながら、夜ご飯とお弁当のおかず無心で作ったら、かなり心が落ち着いた。

 

泣かなくても、お酒に頼らなくても、自分が癒える方法があるんだなと。

 

なるべくイラっとしない

自分を律する

 

1月はこれを肝に銘じよう。

2018年スタート のお話。

こんばんは、rosyです。

 

いつもはレッツノートで作業をしているんだけど、久しぶりにMacで作業してみたら、なんか勝手に変換されるし、慣れない!!!!

 

 

というか、あけましておめでとうございます、ですね。

 

あっという間にクリスマス、大晦日、元旦といろいろなことが通り過ぎ、今日から日常が始まった。

 

2017年は変化しかない年だったなぁ。

いつも通り平和に年越しをし、

なんてことない冬を過ごし(4月頃までの記憶があんまりない)、

GW頃に別れ話勃発し、

5〜6月は合コンに行きまくり疲弊しw、

さよならし(涙)、

7〜8月は迷走しながらとにかく遊びまくり、

9月は急に新しい決意をし、

10月は環境が少し変わり思いっきり駆け抜け、

11月にときめきを少し思い出し思いっきり駆け抜け、

12月もときめきながら駆け抜けた。

 

後半は怒涛だったな。超濃厚。

 

1年前、今の自分は全く想像してなかった。

 

1年前は、そろそろ結婚するだろうと思って、色々なことを7割くらいのパワーでやっていた感じがする。の〜んびりと。

何も考えてなかったから4月頃まで記憶があんまりないんだろうけど。

 

彼氏のいない誕生日、クリスマス、お正月は久しぶりで、寂しさは隠しきれないw

彼氏というか、自分のことをよくわかってくれててどんな時でも味方でいてくれる存在がいないことが不安で寂しい。 

 

でもそのおかげ(かどうかはわからないけど)で、なりたい自分になろう、自分で自分を褒めたくなるような毎日を送ろうと思った。

そして本当に自分がやりたかったことをやる勇気と覚悟ができて、これまでとは全く異なる環境で勉強もできている。小心者で面倒くさがりだった自分がここまで変わるきっかけは確実に彼との別れ。

 

別れ話を切り出された時は、私ってなんて不幸なのかしら、とドン底中のドン底にいたけど、今では元彼が「幸せになればいいな〜」って結構本気で思える。少し前までは、「まじぜってー苦しめクソ」って思う時もあった。(恐怖)

 

本当に感謝しかないから、2年後くらいに会って感謝を伝えたい。お互いに生きてれば。それまでに、もっともっと公私ともにいい風に変わる。絶対に。そして健康でい続ける。

 

この苦しかった1年を無駄にしないように、2017年が長い長い助走だとしたら、2018年は大ジャンプの年にする!!

 

新しいことを始めたいというよりは、

昨年始めた読書と勉強とダイエット(健康維持)を継続する。

あらゆることに期待しすぎず、着実に。

大切にしたい人を大切にする。

素敵だと思うことを言葉にして伝える。

相手の良いと思うところに目を向ける。

やってみたいと思ったことは行動に移す。

失敗したら次に繋げる。(落ち込むのは短めに)

「好き」を発信する。

 

(欲張りすぎ)

 

今日、晴れ晴れした天気に乗って、早速新年一発目の失敗をしたところ。(学べ)

そう簡単にうまくはいかないなーーーーー!w

凹んでいる場合ではないから、ワイン飲みながら引っ越し準備でもするとしよう。

初詣も行きたいな!!!!

 

今年も1年、何が起こるか楽しみだ!!!

#metoo のお話。

こんにちは、rosyです。

 

数日前、Twitterで見て、「え??!うそでしょ!?」と驚きを隠しきれなかった。

同じような業界にいたため、岸さんの書籍、何度も読んだ。

その岸さんが、、、と思うと、純粋に残念な気持ちになった。

(そして声をあげたはあちゅうさんが叩かれている事実も私はまだよく理解できていない。どうして被害を受けた人が声をあげたら叩かれるのか。論点がずれたところで叩かれているのか。謎。)

 

そして思うのは、この問題は決して電通だけではないということ。(当たり前だけど)

自分含め、友人知人にマスコミ業界出身または現役の人が多いため、他の業界のことはわからないが、「人としてどうなの」と思うような指示や扱いを受けた話は、20代前半は特によく耳にした。私は特に男性から。(男性→男性、女性→男性どちらも)

女性もそういうのあったのかもしれないけど、自分がもしそういうことをされたら声に出しづらいだろうなとは思う。

 

そしてマスコミ業界という大きな括りでいけば、業界トップよりも2位以下の企業の方が、そういう意味でこじれている気がする。(またはかつてトップだった企業とか)あとは役員まで行ってないポジションにいる人からの暴君的なものとか。いずれも中途半端ゆえ表沙汰にならないだけで。あくまでこれまでの経験から、個人的に感じること。

 

セクハラ、パワハラをしてしまう人って、コミュニケーション能力が極めて低くて、かつての文化に取り残されていて、視野も狭く、客観性皆無だなぁと思うので、なんだか可哀想な気にもなってくる。だから余計に今回の件はショックでした。ということ。

 

自分も、そして自分の周りにいる大切な人たちも、傷を負わないように。被害を受けたら(受けそうになったら)ヘルプを出せるように。それを感じたら助けてあげられるように。そして決してセクハラ・パワハラをする側にならないように。(正直、セクハラ・パワハラの定義はよくわからないけど、自分がされて嫌なことはしないという、幼稚園の時に教わったことができればいいのでは)

 

そんなことを思った。

 

はあちゅうさんが声をあげたことで、「実はぼくもわたしも」と言いやすい空気ができている。彼女の勇気ある行動は、本当にすごい。

そして恐らく、した側は極めて自覚が薄いんだろうなと。

 

だから、関係のない話だと思わず、これを機に自分の行いを見つめ直すべきだと、私は思う。

 

 

はあちゅうを叩く前に。「あなたの近くにも『電通』はある。声を上げよう」

 

著作隣接権 のお話。

www.huffingtonpost.jp

 

エンタテインメントは著作権ビジネスというもんな。

 

私もここらへんは勉強中だけど、こうやって権利を解放するアーティスト、これからもっと増えていくんじゃないかな。

 

w-inds.のKEITAくんもつくったトラックをフリーにしてたし。

 

この業界に限らず、時代にあっていない法律に縛られている感はある。

 

(こないだ著作権の書籍を読んだけど、時代背景が古すぎて「いつの話してんだ」と思ったけど、その頃から大して変わってないっつーことなんだろう。時代は日々変化しているというのに。不思議。)

 

こうやって新しい動きをするのは素晴らしい。

 

最初はザワつくかもしれないけど、新しいことってだいたい拒否反応から始まるからそれでいいんだ。

 

いいぞいいぞ。

もっとやれ。

初めてのゲイバー のお話。

こんにちは、rosyです。

 

私の周囲の人たちは楽しい遊びをたくさん知っている。

会うたびに新しい刺激がもらえる。(まじ大好き)

自分もそれに劣らないようにいつでもアウトプットできるように色々なインプットを意識しているのだが、彼等にはいつも刺激をもらってばかり。

 

先日、10人くらいで飲んでいて、深夜2時頃には3人になった。(男①②私)

3人とも酒がわりと強いためほぼシラフ。

タクシーで西麻布に向かう途中、色んな事を話す中でなぜかゲイバーの話になった。男①はあるゲイバーにボトルキープするほど接待の最後とかによく行くらしい。男②も①と一緒にそこに行ったことがあるとのこと。

 

1週間くらい前に「ゲイバーがめちゃくちゃ楽しかった」という全然別の女友達の話を聞いていたところだったので、ゲイバーに異様に反応。

 

男①②「じゃ、今から行く??」

 

私「行く!!!!!!!!!!」

 

ということで、ゲイバーへ。

 

5人くらいの店員さん。

皆私よりも仕草、言動が女性。完全にかわいい。(見た目は男性の人も多々)

 

私「…かぁいい。♡

 

お手本にしたい感じだった。ほんとに。

なんだろ、あの首の角度とか、手の動きとか、目の使い方とか。

 

男②「rosyも、ちょ、やってみ?」

 

私「(クネっ)(チラっ)」

 

男①②「をい。笑」

 

そんな失笑をいただく始末。

 

そんな私を見て、店長さんっぽい人が、

「あたし、ブスにはブスって言うの。でもあんたブスではないわ!でも美人でもない!!普通よ普通!!!!!」

 

あげて落とす戦法に心のバランスを奪われながらも、仲良しの女友達と話している感じでめちゃめちゃ楽しい時間。

 

色々話をしながら、男①②の体を触りまくる店長さん。

 

笑いながらみてたら、すごい勢いでおっぱいを揉まれる私。

 

一瞬 ????!?!? 

 

って思ったけど、なんだろうあれ。

 

私はきっと店長さんを完全に女として認識していたからだろうな。

全然抵抗せずに、差し出していた。

 

そして男①②を前に、私の推定カップの詳細を発表しだす店長さん。

 

やめてくれ。否定するポイントが1個もないよ。

全部当たってるよ。

その絶妙な、「◯(カップ数、とりあえず伏せる)だと緩いけど、◯だときつい」みたいなやつ。

私が良く下着屋さんに行ったときにお店の人に言うセリフまんま。

 

まじですごい。(リスペクト)

 

下着屋さんになれるよ。店長さん。

 

一緒にカラオケして、おしゃべりしてたら、あっという間に明るくなっていた。

 

かっこいい男の人がいるお店なんかより、全然気楽で楽しかった。(大好きな男友達が一緒にいてくれたというのもよかった。ほんとにいつもありがとう、感謝)

 

10代の頃から友達にゲイもバイもいた。

初めて出会ったときは少し驚いたけど、ただそれだけのことだということ。

 

できれば年内に、また行きたい。

 

認知行動療法 のお話。

こんばんは、rosyです。

 

先日、障害をもった子どもたちを相手に仕事をしている友人に、認知行動療法を教えてもらった。

 

cbt.ncnp.go.jp

 

これを見ると、精神的に参っている人が対象みたいに見えるけど、そんなこともないらしい。自分の行動を事実ベースで考えることが大事らしい。(かなり勉強不足)

 

私はわりとバランスが取れている方だと思っているけど、1度だけ、仕事でやりたいことが多すぎてパンパンに詰めまくったところ、メンタルがやられてしまったことがある。

 

レベルは違えど、99の岡村さんが「頭パッカーンなった」という状態に近いんだと思う。

その時のことを語っている記事を読んだけど、寝ずに角砂糖?をかじりながら台本を読んでいたというようなことが書いてあった。

 

私も当時、深夜2時に寝て4時に目が覚める(まったく眠くない)みたいのが1ヶ月くらい続いていた。

でも仕事は増える一方で「やらなきゃやらなきゃ」が募りに募って、でもなんかできなくて、突然何もできなくなった。容赦なく飛んでくるメールを見るだけで涙が止まらないという異常事態。

できない自分がダメ人間みたいに思えて、「私はなんて価値のない人間なんだ」「社会に必要とされていない」と本気で思ってた。(絶対にそんなことない)

 

うつ病とは診断されなかったけど、とりあえず正気ではなかったことは確か。

休みの日も含めて2時間睡眠が1ヶ月って、異常。

(今は前日2時間睡眠なだけで使い物にならなくなるというのに笑)

 

そうなる前にこの認知行動療法を知っていたらな~なんて思ったりもする。

 

 

 

最近その友人と食事をしたときにお互いの近況を話した。

 

今、働きながら学校に通っている。社会人であり学生なのです、わたし。

大学を卒業して以来、初めて勉強らしい勉強をしていて、時間的には割とハードではあるけど、新しい刺激が多くてとても楽しい。(学ぶことがこんなに楽しいなんて、もっと早く感じたかった!!)

平日に授業を受けて、だいたい土曜日に復習&レポート&事前課題をやっている。

 

ただ、この学生期間は1年間。

この学生期間が終わったときに、私は目指す方向に行けているのだろうか、とブワっと不安が押し寄せる瞬間がたまにある。

 

学校に通い始めてから1回だけ、身内に不幸があった関係で授業を休んだことがある。

その時に、不安と焦燥感みたいなものに駆られてしまった。

もっとがんばらなきゃ。もっとやらなきゃ。私は休んじゃいけない。足を止めてはいけない。みたいな。

結構いい歳だし、結婚もしたいし子どももほしい。仕事も新しいことをしたい。不安!!

 

そんな話を友達にしたところ、

「もっと事実に目を向けて、自分がやったことを認めてあげたらいいよ」と。

 

1年後目指す方向に行けてないかもしれないという不安は、妄想。

仕事と時間をうまく調整して学費を自分で払って勉強しているということは、事実。

 

「もし自分の友達が『仕事と時間をうまく調整して学費を自分で払って勉強している』って言ったらどう思う?なんて声かける?」と聞かれ

 

「そりゃ、まじすごいよ、尊敬!!!!!!」と秒で答えた。

 

「それと同じ言葉を自分にかけてあげないと。努力をしていることは事実なんだから。将来どうなるかを今悲観して精神をすり減らすのはもったいないよ。だってそれはまだ起きていないことだもん」と。

 

仰る通りですね。

 

自己承認が苦手なのか、どうしてもがんばらなきゃがんばらなきゃという思考に陥りがちなんだけど、考え方のクセを変えられれば、この“がんばらなきゃしがらみ”は薄くなっていく気がしている。

 

 

これって恋愛でも然りだなぁと感じていて。

 

LINE返ってこない(事実)→私なにか気に障ることしたかな(妄想)→LINEがうざかったんだな(妄想)→私のこと好きじゃないんだ(妄想)

 

みたいな。

 

LINEが返ってこない理由なんて、考えてもわかんねーよ、って。

単純に忙しいだけかもしれないし、嫌われてるのかもしれないし(笑)。

でもそこに悶々とする必要がないということ。

 

最近、新しい恋愛をはじめようかどうしようか、っつー謎な状況で、根が真面目ゆえ恋愛でもネガティブ思考ループに陥りがちだけど、そんな時間がもはや皆無な私。

 

うだうだ悩んで友達と恋バナを展開する時間もないし、それには価値も感じない。(大人になったなぁ)

 

そんなあなたに朗報☆ 的な感じな、この認知行動療法

 

療法とかネーミングされてるから、やばい感じがしてしまうけど、実はそんなことないかもよ?と思った次第。

 

妄想に想いを馳せる前に、事実ベースで考えていこう。

 

(学校先週の課題がまだ終わっていない、事前課題も終わっていない、やばい(事実))

続続続アラサーの恋愛 のお話。

こんにちは、rosyです。

 

最近、気持ちに蓋をするということを覚えた。

 

あわないタイミングを無理矢理合わせようとするからツラくなる。

 

起こってもないことに期待するからツラくなる。

 

多分きっと合わない、うまくいかない、と思うくらいがちょうどいいのでは。

 

頭を冷やして、冷静になることが必要だ。

 

人と人だもん。

 

そんなに簡単じゃない。

 

わかってる。