rosyのブログ

生活のほとんどを港区で過ごす、普通のアラサー。 想うことを記録に残そうとブログに手を出しました。 ちょうビギナーです。いらっしゃいませ。 2018年のテーマは「軽やか」に決めました。エンタメだいすき。

オレンジデイズ のお話。

f:id:rooosy88:20180528110837j:plain

 

こんにちは、rosyです。

 

先日先輩と、ベストドラマの話になり、色々思い返した結果、

繰り返し見ているもの、印象に残っているものは、

とかとか。

 

大学生以降はリアルタイムでドラマを見なくなったから、後追いだけど、こんな感じ。わかりやすいドラマが好きみたいだ。

 

オレンジデイズをリアルタイムで見ていた当時、高校生だった。

大学進学を1ミリも考えていなかったけど、このドラマをみて「大学生になるもの悪くないかもしれない」と少し思った。こう思った同世代はかなり多いはず。

 

結局、大学へ進学したけど、そこにオレンジデイズはなかった。結城櫂はいなかった。学部に友達が数人しかできず、ゼミでも浮きまくり、授業以外は毎日毎日違う学部のキャンパスや他の大学に通い、色んな人と踊り狂っていた。それはそれでフリーダムな毎日で尋常じゃなく楽しかった。結論、オレンジデイズはドラマだ。

 

 

えっと。

 

この1週間、Amazon Primeで一気見をした。食事中、お風呂中、髪乾かし中、歯磨き中、メイク中、寝る前。ずっと見てた。(中毒)

 

内容やセリフ、展開を覚えていた。

若かりし私は、きっとTSUTAYAで何度も借りてみていたんだろう。

 

でも、今見ると、ぐさっとくる言葉が当時と全然違う気がする。

 

みんな弱いのよ。

よく覚えてないけど、最終話で真帆さんが、櫂にあたり散らかした沙絵に対して言った言葉。沙絵が当たり散らかしたくなる気持ちもすごいわかる。櫂があまりにも大人で沙絵のことを大事にしていて大好きだから、沙絵にとって櫂は、いつでもそこにいて、いつでも自分の味方で、何でも出来て、なんでも許してくれるスーパーマン。でも櫂も人間で、傷つかないわけないし弱い部分だって持ってる。沙絵は甘えてしまっていたと思うし、甘える状況を作った櫂もアレだけど、こういうことって起こりがちだよなぁと。謙虚さがなくなってしまうというか。自分も心当たりがありすぎて。一回甘えて良いと判断した人(=彼氏)にはとことん甘え倒す。わたし沙絵だ。(長)

 

 

私は、皆なんていらない。姫なんかじゃなくていい。

たった一人でいい。私を愛して、私のことだけ考えてくれて、

死ぬ時は一緒に死んでくれて、悲しい時は一緒に悲しんでくれて、

一緒に泣いてくれて。

で、0.5秒私より先に笑ってくれて、励ましてくれる人が欲しい

0.5秒私より先に、ってのがいい。とってもいい。 導いてほしいんだよね。わかるよ。(誰) そしてたった一人いればいいんだよね、そういう人が。たった一人そういう人がいれば、もっと強く生きられる。そうなんだよ。そして、相手にとっても、自分がそういう存在でありたいなと、本当に思う。嗚呼(涙)

 

 

真実の前では、神様も遠慮して時を止めるよ

櫂がリハビリを担当しているおばあさんの言葉。とっても温かくて、自分が信じていることを信じていていんだよね、って思わせてくれる言葉。未来なんてよくわからないし、人の気持ちなんてもっとよくわからないけど、自分の気持ちに真面目に、真摯であること、それしかないんだと感じる。当時、この一言は完全スルーしてたっていうか、何も響かなかったけど、今となってはとてもグっとくる。歳を重ねて感性が成長したな。(都合良) 

 

 

もう!!!こんないいこと言ってたんかい!!!!(大泣き)

 

 

昔見ていたドラマを、時を経て、もう一度観ると、新しい感じ方になる場合もある。

人がイイって言ってるものや言葉じゃなくて、自分なりの感じ方。

共感されなくたっていいし、キモくたっていい。

なんか、いい楽しみを見つけてしまった気がする。

これでまたAmazon Primeが捗ってしまう。

 

 

 

そして結城櫂は、何をどう考えてもイケメンすぎるし、立派な大人すぎる。

あんな大学生まじでいない。

アラサーになった今でも、周りにそんな立派な男性滅多にいない。

そんな夢を見させてくれるのも、ドラマのいい所だな。

 

 

 

なんてな。